デリヘルを開業する方

負けない戦いが最も重要な考え方です。

負けない戦いが最も重要な考え方です。

私が関わった新規開業店の90%以上は、現在も営業しています。新規開業したお店が生き残る確率は、非常に少ないです。9割以上のお店は潰れます。何故私が関わったお店は繁盛、生き残る事が出来たのか。

それは偶然ではありません。明確な理由があります。 勝負をしない事が私のモットーですが、言い方を例えれば 勝つべくして勝つその理論があります。

新規の方の危険な思考

未経験の方や、業界経験者の方両方に言えることは、広告の効果に期待し過ぎてしまうことです。 広告費を多くかければ電話が鳴るなどと、期待してはいけません。 多くの方がこの罠にかかり生き残れないのです。 広告以外の所で電話を鳴らせる戦略が必要です。

安ければ良いという考え方を持っている方は多く居ます。 他店より安くしようとしたり、割引をすればお客様が来るなどといった、考え方は非常に危険です。

なんとなく店を出してしまう方は多くいます。 特に、甘い考えで出店し思ったように行かず撤退というのが殆どでしょう。 負けない戦いをするには、緻密な戦略が必要になります。

友達が多かったり、経営者の知り合いが多かったりして、出店したら使ってもらえると考えていたり、女の子の扱いに自信があったり、女友達が多いなどのオープニングスタッフが用意出来る自信があって始める方は多く居ます。 しかし、現実は甘くないのです。

デリヘルの仕事は、非常に大変です。 インターネットビジネスでもありますから、パソコンで色々な操作(サイトの更新など)をしなければなりませんし、それ以外のマーケティングも行わなければなりません。 レベルの高いことを行っていれば、かなり精神的に辛い状態が最初は続くと思います。

お店の営業をスタートさせるのは簡単!以下の手順を参考にしてください。

スムーズに行けば1ヶ月程度で準備が整う事もありますが、3ヶ月以上前から準備する事が望ましい

デリヘル開業までの道のり
STEP1

コンセプトを考える

お店で扱うキャストの年齢層や、OLやコスプレなどのお店のカラーを決めていきます。 どんなお店が流行るのか、どんな需要があるのかを考え、明確なヴィジョンを描きましょう。

STEP2

出店エリアを決める

どの地域に出店するかを決めます。 あまりに店舗数の無い場所は避けるのが一般的です。 ライバルが少ないという事は、儲からない地域という事でもあります。 各地域の主要駅のある場所に出店する事は多いです。

STEP3

店名やシステムを考える

お店の名前や料金、お給料などを決めていきます。 また、ホームページを制作する段階でもあります。

STEP4

届出許可物件を探す

営業の拠点となる物件を探します。

STEP5

キャスト募集・備品を揃える

開店時に出勤してくれるキャストさんを探します。 また、事務所に必要な家具や、接客時に使うローションなどの備品を用意します。

STEP6

広告掲載 開店

オープン日時を決め、それに合わせて広告を掲載します。 広告は、届出書が手元に届くまで掲載されません。 オープン1ヶ月前から掲載する方もいれば、オープンと同時に掲載を始める方もいます。

PRESENT
TOP